ブランク,看護師,パート

ブランクの長い看護師はパートで復帰をすることも多い

最近は女性もいろいろな分野で専門職をして働いています。看護師の仕事についても女性のプロフェッショナルな働き方としてはポピュラーな職業の1つに入ります。

看護師になるには厳しい看護学校時代を乗り越え、新卒後の現場でのさまざまな経験、日ごろ忙しい中での研修や勉強会など苦労もたくさんあります。しかしいったん看護師となってある程度のスキルを付ければ、仕事を辞めてブランクがあってもまた看護師として働くことがたやすいというのもまた特徴です。

その理由の1つに、需要がかなり多いということがあります。看護師は恒常的に不足していますから条件を選り好みしなければ職を見つけるのはかなり簡単です。また、働いていて、やりがいや社会貢献を感じやすい仕事でもあるため、仕事を続ける満足感が高いということ特徴の1つですね。

再就職先に困らないというのは、出産などでブランクの長い看護師にとっては非常にありがたいことです。
ただし、出産後の再就職となるとまだ子供が小さいことがほとんどでしょう。そうなると、フルタイムでの復帰は難しいですね。そんな時はパートタイムの職場を見つけるといいです。地域のクリニックなどでは夜勤なしで働けますし、病院勤務でも事情によっては子供が大きくなるまで夜勤にはでなくてもいいという配慮をしてもらえることもあります。

日勤でも土曜日は勤務となってしまうところが多いですが、土曜日は旦那さんや親御さんに子どもを見てもらうとか預けるなどして働くという看護師も多いですね。

サポートの充実した転職サイトを利用することで、忙しくても転職成功している看護師は多数います。サポートの良い転職サイトを確認してみるならこちらをご覧ください。サポートの質で選ぶなら「看護のお仕事」がおすすめです。
おススメの転職サイト一覧はコチラから » おすすめ転職サイト


TOP PAGE