男性看護師,注意すること

男性看護師が働く際に注意すること

看護師と言う仕事は、法律上は男女ともに就くことができるものの、基本的に女性の職場です。看護師全体の約9割が女性といわれています。ただし、最近は徐々に男性の看護師の数は増えてきています。看護というと白衣の天使というイメージがありますが、やってることは体力勝負の肉体労働がほとんどですから、今後は男性の看護師の需要も高まっていくことでしょう。

実際、現場では男性の看護師は重宝されることが多いですが、新人で入った当初はベテランの女性看護師にかなり厳しいことを言われることが多く、そこを乗り越えることができるかどうか、あとは職場環境に恵まれるかどうかというところが大きいようです。介助などの体力を活かせる業務を率先して行うことで徐々に程度頼りにされてくるので、それまでは肉体的にも精神的にも辛抱というところでしょうか。

男性看護師が働く際に注意することとして、大きく2つあります。女性が多い職場ではよく言われることではありますが。。。

1つ目は、服装・髪形などの身なりに気を付け清潔感を保つということ。業務が忙しいと身なりまでなかなか気が回らない、どうでもよくなってきがちなところがあるのですが、女性はそのあたりに敏感ですから、体力的にキツく忙しくても、身なりは清潔にしておくことが大切です。不潔な状態だと、女性看護師から嫌われてしまいます。

ただ、そんなに着飾ったり、過度に身だしなみを整える必要はないです。看護師の現場はそんなことに気を留めないぐらい忙しいところが多いですし、普段から患者さんに接していることで、慣れもありますから。普通に小ざっぱりしていれば事足ります。

2つは、特定の女性看護師を優遇しないということです。どちらかというとキツイ人が多いものの、中には気さくで話しやすい人もいます。分からないときにいろいろと教えてもらえると助かるものですが、女性の輪の連帯感に注意を払うことは忘れないように。

特に、ボス的存在(いわゆる『お局様』)の女性には敬意をもって接することが重要です。

どうしても、女性の職場ならではの雰囲気と言うものがあります。「言葉がキツイ」「空気を読む」と言ったところを乗り越えられるかどうか。

学生時代とは違い、勤務中はピリピリしているのが普通です。看護師の仕事自体にまだ慣れていない状態で職場を選ぶ際は、同僚の男性看護師、あるいは上司に男性看護師がいるかどうかを確認してから選んだ方がよい場合もあります。

サポートの充実した転職サイトを利用することで、忙しくても転職成功している看護師は多数います。サポートの良い転職サイトを確認してみるならこちらをご覧ください。サポートの質で選ぶなら「看護のお仕事」がおすすめです。
おススメの転職サイト一覧はコチラから » おすすめ転職サイト


TOP PAGE