新人看護師 成長

新人から一人前の看護師に成長するために

毎年、多くの新人看護師が生まれてきますが、近年はその新人看護師の技術力の低下が最近問題になって来ています。

看護師学校のカリキュラムには当然実習も含まれているのですが、その実習では至らない部分が多くいのです。実習生として病院に入ったものの、実際は患者との会話程度で終わったり、実習先のベテラン看護師の簡単なサポート程度終わってしまうなどです。これでは、専門性に欠けた内容で、本来の実習の意味とはかけ離れてしまいます。

そんな実習を経て、資格を得た看護師は、素人同然に近いために突然激務の病院に放り込まれても何も出来ないというわけです。学生時代の実習でもっと専門的な内容を深く学ぶのが望ましい姿ではあるのですが、そう簡単にいかない現実もあります。

例えば、実習先の病院で、実習生を教育する余裕があればいいのですが、病院でそうした余裕がなければ、当たり障りのない業務をさせるしかありません。

また、実習に来る看護師のレベルも問題があります。安心して実習させられる、つまり患者さんに接することができるレベルに至っていない学生がいるのです。

その背景としては、医療の高度化が挙げられるでしょう。人が一定期間で学べる量は決まっているものですが、医療が高度化すれば学ぶべき内容はドンドンと増えてきます。その結果、1つの事柄について深く掘り下げることなく、広く浅く内容を網羅していくことになり、理解が追い付かないことにつながるというものです。

多くの学生は、自分の理解の足りない部分は自習によりカバーしているのですが、逆に言えば、自習でカバーしなければ追っつかない部分が増えているという見方もできます。

ただし、そうした学生もいずれは卒業して看護師として働くことになります。

配属された新人看護師は病院でみっちりと教育されることを余儀なくされます。そこで、根を上げてしまう看護師もときにはでてきますが、たいていの看護師は徐々に学生気分がらプロフェッショナルな精神へと変遷を遂げていきます。

そうした成長の過程で重要なのが、臨床の現場を知るということ、そして現実を知るということなのではないかと思います。

いち早く「これが現場なんだ」と認識できた看護師は延びが早いですが、一方「こんなはずではなかった」と悩む看護師は成長が遅くなる傾向にあります。

もう少し言えば、「自分がこんなはずではなかった」という看護師は、その後、自分で努力して成長することが多いです。一方、「看護師の仕事が(看護師の現場が)こんなはずではなかった」と考える看護師は、自分の問題として捉えられず成長しづらいところが見うけられます。

昔からそうでしたが、現在は特に、看護師として現場で成長することが重要です。そのためには、どんな現場で働くかということもまた大切な要素です。いま、自分がいる現場でどんな成長ができるのか?ということを時折考えてみることをお勧めします。

その際に、自分で考えるのもよいですが、『今の職場は客観的にみてどうなの?』と思うところがあるのなら、転職サイトのコンサルタントに、他の職場の状況を確認するのこともお勧めです。

つまり転職ありきではなく、自分のキャリアと職場の相談から始めるということです。看護師も転職を繰り返すと、自分の価値を下げることにつながりますからね。

『情報を入手する』『自分のキャリアを考える』という行動のために、転職サイトを利用するのもまた1つの方法でしょう。

サポートの充実した転職サイトを利用することで、忙しくても転職成功している看護師は多数います。サポートの良い転職サイトを確認してみるならこちらをご覧ください。サポートの質で選ぶなら「看護のお仕事」がおすすめです。
おススメの転職サイト一覧はコチラから » おすすめ転職サイト


TOP PAGE